外来種と在来種…?

通常のブレーキワイヤーはフレームのトップチューブ外側の上端や下側などクランク(ペダル)側から車両を見たときに目立たない場所やペダリングに干渉しない場所に設定されてます。今回は下の写真のようにトップチューブに内装します。見た目がシンプルになり、高級感、カスタムの定番の一つとも言える特殊工作です。使い勝手が通常のものと変わらないように、内装に使うパイプを少しずつ曲げてみたり、ブレーキワイヤーを実際に通して動作確認を繰り返しながら加工をします。細長い穴を開けて、パイプを通したら溶接、補強板でフタをします。その後、ブレーキアウター(被覆)がパイプ内の入口で留まるようにします。内部はこんな具合です。前方のヘッドチューブ側は上から入り、シート(後端)側はリアブレーキの軌道に向かって曲げてあります。話は前後しますが、以前からある(在来種?)ものは細く、最近のものは一回り以上の大きい印象です。下が今回使用のもの、加工はシビアですが、今回はこれを使用します。上が最近流通しているもので、作業性に優れ、デザインも近代的です。車両の雰囲気や好みでどちらも選べます。

お問合せ→メール

広告