ヘラブナさんぽ (千住編)


久々のブログ更新。

ビッグプロジェクトがようやくひと段落(ほっ)

日頃の運動不足を解消すべく、ビルダー絹川愛車に跨り東京の東(正確には北)へ。


ふと引き寄せられたこの看板は、松尾芭蕉が六百里の旅の始まりの句を詠んだといわれている場所(矢立初めの地)千住大橋公園内にありました。

千じゆと云所にて船をあがれば前途三千里のおもひ胸にふさがりて幻のちまたに別離の泪をそゝく

行春や鳥啼 魚の目は泪

ちなみに「鳥啼魚」(とりなきうお)はさかなの名前ではないそうな。

ここでは特に深くは掘り下げませんが。


ふと目に入った釣り船の乗船場。

ビルダー絹川は意外と釣りが好き?


シロギス、マダイ、アジ など季節の魚が釣れるよう。

ヘラブナ 鯛を釣る日も近い??

さ、明日からまた頑張りましょう。

(Hocci)

お問い合わせはこちら←から

広告